男女の出会いには本能と刷り込みと楽しさがある

男女の出会いからはロマンや家庭が生まれます。 恋愛は決して非生産的なる無駄な物ではなく、子孫繁栄、社会繁栄、自己の成長などといった有意義な事に繋がります。
恋愛という概念は社会による刷り込みである、といった見解もありますがこうして子孫代々男女の出会いがあってこそ紡がれた人間社会、決して刷り込みだけではない本能的な物が関わっていると思われます。 男性と女性が出会ったら恋愛に発展するものである、といった認識は現実社会、漫画、ドラマ、映画、小説、などなど色々な舞台において浸透しています。
男女の出会いにはお金、仕事、健康、生命、食事、といった人間にとって大切なる要素とはまた一味異なる楽しさがあります。 食は人間の三大欲求の一つですが、そこに娯楽要素やロマンティック要素はあまりありません。
男女の出会いにはただの本能の処理目的、という要素だけでなく楽しさ、持続するワクワク感、心に深く刻まれる何かがあります。 本能のせい、刷り込みのせい、と片付けてしまえば詰まらない男女の恋愛ですが、人類はこれからも純粋にこの楽しさを感じ続けたいですね。
男女の出会いは時としてとてつもないパワーに繋がり、人生の充実にもなります。

ページのトップへ戻る