女性が男女の出会いを期待するシーン

そこそこの容姿ならば男女の出会いは町中に転がっています。 普通に歩いているだけで声がかかったり惚れられてしまうのは日常茶飯事といってもいいでしょう。
自分自身の経験上そのような男女の出会いで生まれるのは軽い方が多いということです。 その場限りの付き合いを求めているならそれでもいいでしょうが男性と違って女性はなにかと不利でもあるのでリスクを背負ってまで遊びたいという気持ちにはなれませんでした。
しかし以前に声がかかった際に1度だけ素敵だと感じる人に遭遇しました。 外国人の長身で顔も整っていた男前が私が落とした片手袋をさりげなく渡してくれたのです。 見てみぬ不利をする世の中で親切に落としものを手渡してくれるだけでも珍しいですがその方はすぐその場から離れていきました。 お礼をいうタイミングすらなく去って行ってしまったのが心残りです。
あのような素敵な方に声をかけてもらえるならお茶ぐらいはしたいと思うかもしれません。 後から考えてあの時お礼をいってそこから発展していればどうなっていたかという想像は何度もしてしまいました。 女性だからとはいっても好みの男性が現れれば男女の出会いに結び付けたいと考えてしまうのもある意味自然なことなのではないでしょうか。

ページのトップへ戻る